本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.054-248-6665 

側副靭帯損傷

■ 症状・部位 
 ・膝関節の側方への不安定性
 ・外側(内側)の圧痛
 ・可動域制限
 ・歩行時に膝が痛む   など


■ 病態      
 内側側副靱帯及び外側側副靱帯は、それぞれ膝関節の内側・外側に位置し、側方への安定性を高めています。


 スポーツにおいて他の選手との接触時や、膝を過度に捻ったり、無理な姿勢で着地したりする際など、膝に大きな外力が加わった場合に靱帯が傷ついて、場合によっては切れてしまうことあります。
 また、内側側副靱帯は膝関節の靱帯の中でも最も多く、半月板や前十字靱帯の損傷を伴う事もあります。
 発生原因は、ラグビーやアメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツでの選手同士の接触、サッカーやバスケットボールなどでのジャンプ・着地、スキーでの転倒時・ツイスト時などの際、膝関節に対して非常に強い力がかかった際に損傷してしまう事が多いです。
 一般に、膝関節を外側へ反らす力により内側側副靱帯が、内側に反らす力により外側側副靱帯を損傷します。また、完全に伸ばした状態よりもわずかに曲がった状態で外力がかかった方が損傷しやすいと報告されています。


■ 当院での治療
 基本的には保存療法となります。
  @生活指導、A運動療法、B薬物療法
 側副靱帯の損傷を治療せずに放置しておくと、不安定な膝の動きを補助しようと余分な場所に力が入ってしまい、半月板や関節軟骨に傷が付いてしまうこともあります。そのため、膝を怪我した時には自分で判断せず整形外科を受診することをお薦めします。


■ 当院でのリハビリ
 リハビリでは、可動域訓練に加え、ストレッチや大腿四頭筋の筋力強化等を行い、再受傷予防に努めます。

<筋力強化>

 
<ストレッチ>



 怪我をした直後には膝関節の外側(内側)への鋭い痛み、歩行困難感などがみられ、数時間後には膝周囲に腫れや熱感などの炎症症状が出現し始めます。受傷初期の炎症症状に対してはRICE処置(Rest(安静)、Ice(アイシング)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上))が有効です。


 その他、各個人に合ったリハビリを行ってなっていきます。


■ 参考文献
 1) 石井清一、他:標準整形外科学.医学書院
 2)Richard, L. D. 他),グレイ解剖学 原著第2版, エルゼビア・ジャパン
 3)宗田大:復帰をめざすスポーツ整形外科,MEDICAL VIEW
 4)橋本健司:リハビリテーションプロトコール 整形外科疾患へのアプローチ,メディカルサイエンスインターナショナル
 5)ここがポイント!整形外科疾患の理学療法,金原出版