本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.054-248-6665 

オスグッド・シュレッター症

■ 症状・部位 
 ・ジャンプやランニングをすると膝の下が痛くなる
 ・スポーツや長く歩いた後に膝の下が痛くなる
 ・膝の下あたりを押すと痛い
 ・膝の下が腫れてきた
 ・正座等で膝を着くと痛い

■ 病態 
 膝蓋骨の下(脛骨租面)に骨の盛り上がりが生じ、運動時痛、圧痛が起こります。ランニングなどの繰り返しによる太腿の筋(大腿四頭筋)の牽引力で膝蓋腱付着部に炎症を起こす骨端症です。
 スポーツによるオーバーユース(使い過ぎ)が原因と考えられていますが、体育授業だけでも起こる事があります。


■ 当院での治療
 成長期を過ぎるとほとんどの場合で症状は消失します。しかし、骨の変形などが残ると炎症と痛みが持続してしまう場合があります。早期に発見し、スポーツの休止などの安静保存療法を行なう事で変形を残さず治癒できる場合もあります。
 その他、装具療法とリハビリを行う事もあります。


■ 当院でのリハビリ
 膝にかかる伸展の牽引ストレスを軽減させる事を目的とします。
1、物理療法:RICE(R:Resting安静、I:Icing冷却、C:Compression圧迫、E:Elevation挙上)処置を徹底します。
2、運動療法
 @大腿四頭筋のストレッチ:大腿前面の筋肉の柔軟性獲得を目的とします。
  

 A動作の指導:後方重心は膝の前面に過度な負担がかかる為、重心を前方にする動作の練習をします。

 上記以外にもストレッチや筋力強化練習、アスレティックリハビリテーションを行なってゆきます。
 痛みが強い・治らない場合は受診をお勧めします。



■ 参考文献
 1)山下敏彦、他:オスグッド病.スポーツ傷害のリハビリテーション.金原出版,p186-192,2008
 2)平野篤:オスグッド・シュラッター病.医学と薬学 66(3):417-422,2011