本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.054-248-6665 

腰椎辷り症・分離症

■ 症状・部位
 ・腰やお尻が痛む
 ・足や太ももが痛む
 ・背中を反らすと痛む
 ・足がしびれる


■ 病態
<辷り症>
 脊椎すべり症は椎骨が前後にずれている状態です。

<分離症>
 腰椎の後方部分に亀裂が入ってしまう状態です。
 骨が成熟していない少年期に、スポーツなど繰り返して腰部に負担がかかることで起こります。
 一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30〜40%の人が分離症になっています。
 分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となって徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

基本的には保存療法と薬物療法を行います。疼痛が激しい場合は安静となります。
日常生活の過ごし方等のアドバイスも行います。


■ 病態
 基本的には保存療法と薬物療法を行います。疼痛が激しい場合は安静となります。
 日常生活の過ごし方等のアドバイスも行います。
 下肢の脱力、排尿障害等がある場合、手術が必要となる場合がございます。


■ 当院でのリハビリ
 腰周辺筋の柔軟性向上・筋力強化の物理療法と運動療法を行っていきます。
 電気療法・温熱療法・体操指導・姿勢指導・日常生活指導など、総合的に組み合わせその方に合ったリハビリテーションを行っていきます。





■ 参考文献
 1) 宗田 大.スポーツ整形外科.メジカルビュー社,p438
 2) 富山医薬大プログラム